上野千鶴子「発達障害は母親のせい」

1 名前:ここからは表現の自由でイカせていただきます 投稿日時:2020/05/17(日) 12:47:38.77 ID:PXNgDCT9a

上野千鶴子の「『マザコン少年の末路』の末路」の末路
http://www.math.tohoku.ac.jp/~kuroki/keijiban/Tmp/mothercom.html

上野千鶴子著『マザコン少年の末路』より抜粋

子どもの自閉症っていうのがあります。
これはほったらかしにしたからできたのかというと、そんなことはないんです。
子どもの言葉が出ない。
小さい時にはわからないんです。
普通なら一歳ぐらいから何かしゃべり始め、二、三歳までに言語の形成があるんですが、その時期になって初めて、おかしいな、近所の子はみんなしゃべってるのにうちの子だけ言葉が出ない、どうしてかしら、と思う。
そのことに初めて、息子が自閉症だってことがわかるんですね。
じゃあ何で言葉が出てこないかっていることを考えてみると、母親が子どもに、はしためのごとく侍ってるケースが多いですね。
赤ん坊がうんうんとぐずる、ぐずると、さっと駆け寄って、はいオッパイ、はいオシメというぐあいにやってやる。
子どもの欲求というものを常にこまかく繊細にキャッチして、それを先まわりして満たしてやる。
つまりこれはよき母の典型ですよね。
子どもがぐずればすぐに欲求を満たしてやって泣いたりわめいたりってことを極力させないのです。

一般に自閉症児は男の子の方が多いといわれています。
それから登校拒否児も男の子の方が多いです。

登校拒否というのは、親の期待の重圧に耐えかねて、子どもがさまざまな心身症、おなかが痛いとか頭痛がするとかいう心身症を引き起こすことによって現実から一時避難するんですね。
病人ならば大手をふって退行できるんです。
一時退行できる。
自閉症の子と登校拒否の子を比べると、自閉症は二、三歳のころですが、登校拒否は小学校ぐらいからです。

2 名前:ここからは表現の自由でイカせていただきます 投稿日時:2020/05/17(日) 12:48:06.56 ID:PXNgDCT9a

上野千鶴子の「『マザコン少年の末路』の末路」より抜粋

「自閉症」が「母子関係」に起因するかどうかについては、十分な証明はありません。
他方、「自閉症」が「器質性」の疾患であるという説も、十分に証明されているとはいえません。
「自閉症」は今日にいたるまで、まだ原因のじゅうぶんにわからない疾患です。
「親の会」の方たちがおっしゃるように、「自閉症」が「器質性」のものであること、そして私がこの講演をした1985年までにはそれについて学会のコンセンサスができあがっていたことについては、
今回ご指摘を受けるまで、それについて私がまったく無知だったことは、率直に認めたいと思います。
そして少なくとも公の場で「自閉症」に言及する以上、責任のある発言をすべきであること、その気になれば調べることはいくらでもできたこと、それを怠ったのは私の怠慢であることは、まったくご指摘のとおりです。
私が「自閉症」について書かれたものを目にした70年代から80年代の前半にかけて、「自閉症」を「母子関係」と結び付けて論じる臨床家の説は、いくつも存在してました。
私は自分の見方に適合する他分野の専門家の説を、無批判に受け入れたことになります。
が、もし、「自閉症」の器質説を知っていたら、私は「自閉症」を「母子関係」に結びつける見方にもう少し慎重だったことでしょう。
そして少なくとも、「自閉症」の原因が確定できないという立場をとったことでしょう。

ある分野の専門家も、べつな分野に関してはたあの素人にすぎません。
私はこの分野の専門家ではありませんから、ある学説の真偽を判定する能力はありません。
私はひとつの専門家の説をいったんはうのみにするというまちがいを冒したのですから、私自身に判断のつかないことで、べつな専門家の説をふたたび根拠もなく受け入れることは避けたいと思います。
ですが「親の会」の方がご指摘になるように、「自閉症」を「母子関係の病」と見なす専門家のなかに、子どもの問題をすべて母親の原因に帰する考え方があること、そしてそれが当の母親を追いつめるはたらきをしてきたことはたしかでしょう。
私が意図せずにそのはたらきに荷担してしまったこと、その背後に、実際にそういう立場に立った女性たちに対する想像力を欠いていたことは、ご指摘をうけてあらためて感じたことです。

「自閉症」から「登校拒否」、さらには「家庭内暴力」を、子どもの一定の発達段階に応じた「発達障害」であり、それには母親の「育て方」に問題があると見なす一部専門家の説を、私がうけいれたことには、原因があります。
それは「母子密着の病理」を強調したいために、それに適合的な説を無批判に受け入れたという事実です。
もちろん「母子密着」の裏側に「父不在」というかたちで、夫婦関係の疎遠な夫・親子関係に責任をとろうとしない父がいることを指摘するのは忘れませんでしたが、
すべてを親子関係のダイナミックスで解こうとする偏りを、私は他の臨床家や心理学者とともに共有していました。
しかもその親子関係は「母子密着」/「父不在」を「日本型」と考える、かなり図式的なものでした。

12 名前:ここからは表現の自由でイカせていただきます 投稿日時:2020/05/17(日) 12:59:05.11 ID:jNoSvVazd
>>2
上の千鶴子って女の敵だよな
ルサンチマンの塊
3 名前:ここからは表現の自由でイカせていただきます 投稿日時:2020/05/17(日) 12:48:16.05 ID:xysKtjePa
そうだそうだ
4 名前:ここからは表現の自由でイカせていただきます 投稿日時:2020/05/17(日) 12:49:04.36 ID:b07fqIknp

いつの時代だよ
5 名前:ここからは表現の自由でイカせていただきます 投稿日時:2020/05/17(日) 12:49:44.94 ID:nmTNxnPu0
自己責任論者の帝王
6 名前:ここからは表現の自由でイカせていただきます 投稿日時:2020/05/17(日) 12:50:28.81 ID:b07fqIknp

時代遅れ
7 名前:ここからは表現の自由でイカせていただきます 投稿日時:2020/05/17(日) 12:50:44.07 ID:UNKU9fxA0
知り合いのとこがこんな感じ
親は我が子は自閉症に違いないで妙に納得してて子どもが可哀想
あれでは子供の可能性が狭まるわ
9 名前:ここからは表現の自由でイカせていただきます 投稿日時:2020/05/17(日) 12:51:36.80 ID:b07fqIknp

昭和の化石
10 名前:ここからは表現の自由でイカせていただきます 投稿日時:2020/05/17(日) 12:55:29.28 ID:9nLD2nKm0
親のせいってことはあってる
正確には両親の遺伝子な
後天的な発達障害なんてものはこの世に存在しないし医師に手帳なんか申請するときも必ず先天性扱いされる
つまり環境のせいで発達障害が誕生するなんて事実は存在しない
腐れフェミ婆さっさとくたばれよ
15 名前:ここからは表現の自由でイカせていただきます 投稿日時:2020/05/17(日) 13:01:09.06 ID:QOoWZA1l0
>>10
そうやってドサクサに紛れて優勢思想を吹聴するアホ理系。
留年した情報工学は黙ってて。
16 名前:ここからは表現の自由でイカせていただきます 投稿日時:2020/05/17(日) 13:06:59.66 ID:9nLD2nKm0
>>15
実際に通ってるメンクリの医師や発達障碍者の就労相談やってるところでそう聞いたってだけの話だよ
22 名前:ここからは表現の自由でイカせていただきます 投稿日時:2020/05/17(日) 13:37:14.69 ID:eFi7etUd0
>>16
福祉の勉強もしない専門資格を持ってない
偏見相談員の意見だな
基本的に発達障害の原因は不明
ましてや遺伝子とか馬鹿としか
11 名前:ここからは表現の自由でイカせていただきます 投稿日時:2020/05/17(日) 12:57:41.27 ID:jNoSvVazd
>>1
これを独身で子育ての経験ゼロの上野が書いてる
13 名前:ここからは表現の自由でイカせていただきます 投稿日時:2020/05/17(日) 12:59:23.41 ID:o4qv3Pf9p
発達の親がおかしいのは事実だけどな
男発達は淘汰されるから母親の影響大きい
近親婚家系だったり中絶繰り返してたり
14 名前:ここからは表現の自由でイカせていただきます 投稿日時:2020/05/17(日) 13:00:41.12 ID:FfkHNeIC0
内田樹もそうだけど団塊の思い付き漫談商売はひどいな
17 名前:ここからは表現の自由でイカせていただきます 投稿日時:2020/05/17(日) 13:08:06.18 ID:jNoSvVazd
発達って男に有意に多いし遺伝的なものだろう
昔からいたはずだが現代の複雑で自己責任な社会でなかなか生きていけず目立ってきた
逆に発達の一部はプログラミングなんかに適性あったりしてそいつらはむしろ社会で活躍してる
だが発達がちやほやされて勘違いするとイキリ理系になって社会的には非常な害悪となる
ITの成功者なんかはこれが多い
このタイプの人間に社会的な発言をさせてはいけない
18 名前:ここからは表現の自由でイカせていただきます 投稿日時:2020/05/17(日) 13:15:40.39 ID:Le4a8dpc0
落ちこぼれ子供は母親のせい
京大卒の人が言ってるんだ、間違いない
反論ある奴は自分の学歴と今の地位を教えてくれw
35 名前:ここからは表現の自由でイカせていただきます 投稿日時:2020/05/17(日) 15:51:50.72 ID:BcbA7A7Ya
>>18
母親だけでなく父親もって事を書き加えればそうだと思うよ
今流行りのチー牛も親のせい
19 名前:ここからは表現の自由でイカせていただきます 投稿日時:2020/05/17(日) 13:17:20.37 ID:Le4a8dpc0
今の変な情報が溢れてる時代より
昔の研究者の方がこういう精神世界の分野では詳しそうだけどな
今の医学界は西洋医学のせいで薬!薬!薬!になってるし
20 名前:ここからは表現の自由でイカせていただきます 投稿日時:2020/05/17(日) 13:18:59.18 ID:PBy7eYnGr
これかなり昔の話でその後は謝罪してるから今更蒸し返すようなもんじゃなくね
21 名前:ここからは表現の自由でイカせていただきます 投稿日時:2020/05/17(日) 13:24:35.04 ID:2C8RjR86a
親学ってつるのとかも信じてたよな
23 名前:ここからは表現の自由でイカせていただきます 投稿日時:2020/05/17(日) 13:39:26.10 ID:i+eEStay0
ちゃんと反省してるじゃん
24 名前:ここからは表現の自由でイカせていただきます 投稿日時:2020/05/17(日) 13:44:22.40 ID:vhFcluFaM
ダラダラグチグチ見るに耐えない文章だな
普通にごめんなさいできないんだろうなこのババア
25 名前:ここからは表現の自由でイカせていただきます 投稿日時:2020/05/17(日) 13:51:24.56 ID:qBPxmqwx0
自称フェミニストだけど男性憎悪のミソジニーの側だよな
結婚してるフェミニストすら批判対象だし
28 名前:ここからは表現の自由でイカせていただきます 投稿日時:2020/05/17(日) 14:44:08.12 ID:jWZur4V4a
>>25
ミソジニー入ってないフェミって居るのか?
26 名前:ここからは表現の自由でイカせていただきます 投稿日時:2020/05/17(日) 14:29:20.98 ID:RXXrbonn0
フェミが発達じゃないかと
27 名前:ここからは表現の自由でイカせていただきます 投稿日時:2020/05/17(日) 14:36:54.99 ID:Ff2hzpwv0
でもそういう理屈だと男のが多いってならなくね
29 名前:ここからは表現の自由でイカせていただきます 投稿日時:2020/05/17(日) 15:26:06.55 ID:j22Y618E0
つまり国が子供を預かって集団で育てたら
発達障害は生まれないって事か?
32 名前:ここからは表現の自由でイカせていただきます 投稿日時:2020/05/17(日) 15:42:00.85 ID:KLbaECzBd
安倍ちゃんがああなった原因は、昭恵でも祖父さんでも取り巻きでもなく、洋子だろうな
34 名前:ここからは表現の自由でイカせていただきます 投稿日時:2020/05/17(日) 15:49:49.47 ID:fYRcE+4e0
男性嫌悪がミサンドリーで、女性嫌悪がミソジニーなのね
36 名前:ここからは表現の自由でイカせていただきます 投稿日時:2020/05/17(日) 15:55:48.08 ID:EotIdfsI0
フェミニズムとかまったく関係なくガキ産んでない婆さんの意見って感じだよな
こういうもんがどれだけ女性を苦しめたと思ってんのか
岡村よりやべーだろ、謝ればいい話じゃない
37 名前:ここからは表現の自由でイカせていただきます 投稿日時:2020/05/17(日) 15:56:19.93 ID:BcbA7A7Ya
発達障害で活躍してる人って決まって親が優秀だもんな
有名人で言えば栗原類は父親がイギリス人か何かだからイギリスで教育受けられたしモデルもやれた
去年話題だったグレタトンベリも親が金持ち
それに比べて俺やお前らが健常者の下位互換な理由は母親(と父親)がすっトロい馬鹿だから

コメント

  1. 匿名 より:

    時代は変わる。今まで錦の御旗と思っていた概念が覆る可能性もある事を上野や信者達にも解って欲しい
    初めに結論はこうに違いないと自分で信じてしまったら、自分の意見と反するものは見ないで
    もしかしたら第三者から見て牽強付会と思われることも自分の結論を裏付ける証拠に仕立て上げる。
    それはかつてから、無知から発生した差別生産のシステムに近いことに気付かずに。
    昭和までよく言われたxxの病気にかかるのは因縁がある、行いが悪い、穢れてると決め付けるあの形だ。
    穢れてると指摘した本人がその病気にかかったらどう申し開きするのだろうか。
    思想にも多様性を持ち、自分の意見が正しく対立者を認める柔軟さが必要なんじゃないかと感じる。
    発行された90年代は現代を生きる人間には偏狭な考え方も普通だったかもしれないから仕方ないとも感じるが。

タイトルとURLをコピーしました